• ホーム
  • 日本肥満学会と体重にも関わるアミノ酸

日本肥満学会と体重にも関わるアミノ酸

2019年09月23日

大阪に事務所を構える日本肥満学会は、1980年に肥満研究会という形で発足されました。
日本肥満学会として発展したのは、1884年のことで、国際肥満学会議への開催要望を受けてのことです。
肥満研究会として、現在では一般法人に移行しています。
肥満疾患を防ぐこと、治療などに関係した調査や研究を行っています。
講演会や教育セミナー、学術集会なども開催して、専門職認定制度などもすすめています。
優れた研究への奨励や表彰なども行っているのが、日本肥満学会の事業内容になります。

日本肥満学会には、正会員や賛助会員などがあります。
所定の手続きをした者が、正式に会員として活動ができます。
正会員は医学の研究分野に関わっている、専門の者や、教育に携わる者、個人で入会した者などにあたります。
肥満の研究に対して、治療や予防の功績を高く上げたものに対しては、名誉会員となります。
法人の目的に山荘して、賛助で入会する者に対しては、賛助会員となります。

体重を効果的にコントロールするためには、アミノ酸は欠かせないものです。
体重を落とすためにも、健康維持のためにも、必ず必要になるのがアミノ酸です。
タンパク質の成分を作るための物質で、人間の体にとっても必要不可欠です。
体重ばかりを気にしていても、アミノ酸成分がどれかかけてしまうことで、健康を損なう要因にもなりかねません。

ダイエットのためには、アミノ酸は欠かせない栄養であり、脂肪分解を促進させるために必須です。
脂肪を脂肪酸に分解するのがアミノ酸であり、脂肪を効率よく燃焼するために、準備を整える働きがあります。
アミノ酸を摂取して、運動をすることで脂肪燃焼は促進されることになるのです。

関連記事
犬の肥満細胞腫と痩せる耳つぼ

人間には肥満になると病気になる確率も避けられませんが、犬の世界でも同様です。ペットの犬が肥満細胞腫になってしまったら、家族はとてもショックなものです。犬の肥満細胞腫は、まだ原因不明ですが、発症年齢としては平均が9歳くらいです。犬の肥満細胞腫の治療は、腫瘍の切除による外科手術や、化学治療などもあります...

2019年08月29日
精神疾患で肥満となることが多い理由

よく、肥満は食べ過ぎ、飲みすぎ、不健康、運動不足が理由、と言われがちですが、果たしてそれらの事だけが重要な原因でしょうか。それらを解消するだけで、肥満を防げるのでしょうか。実際のところ、そうではありません。昔はまだ、医療も発展途上で、それほど深く肥満の原因が分かっていなかったのもありますが、実は、精...

2019年08月13日
肥満の妊婦に考えられるリスク

妊娠前の体重の増加は7~12kgが理想的です。妊婦の肥満は、妊娠時や出産時に重大な病気のリスクを高めます。まずは妊娠高血圧症候群です。妊娠の負担が血流や血液に影響を及ぼし、高血圧症や尿タンパクなどの症状が現れます。進行すると子癇という痙攣発作を起こして、母体や胎児に影響を与えます。妊婦検診で検査が行...

2019年07月15日
肥満と肥満症の違いについて

肥満と肥満症を同じものだと考えている人も多いのですが、この二つには違いがあります。肥満とは脂肪が一定以上に多くて太り過ぎている状態のことであり、単に体型を表す言葉として使用されることもあります。ちなみに、この状態であるかどうかはBMIという体格指数で判定することが一般的です。欧米ではWHO基準のBM...

2019年06月30日
肥満度が高ければ入院して肥満治療

肥満の体になってしまうと、不便なことがたくさん出てくるようにもなります。大きなお腹が邪魔になってしまえば、洋服のサイズにも困るようになりますし、靴下を履くのも困るようになってしまいます。生活に支障が出てきている場合には、肥満度が高くなっていると言えます。痩せられるかどうかは自分の肥満度によっても変わ...

2019年06月19日