公開履歴
体重を心配している女性

医療機関で行う肥満治療は単純なダイエットではなく医学的な観点から見て健康的に美しく痩せる点がポイントとされています。
器具や手術などの方法も用いることで、より細い体型を目指す取組みを指すものです。
治療を行っている病院の名称についてまだ明確な基準がないため色々な看板を目にしますが、どのような名称であっても基本的な治療内容に大きな違いはありません。
ただし病院によって細かな内容の違いはありますので、決める際には名称よりも治療内容で吟味することがよい選択方法といえるでしょう。

肥満治療を行う病院はほとんどが外来治療で行っていますが、治療方法には大きく分けて2種類の方法があるといわれています。
1つ目は、必要な場合は薬の服用も行いながら生活習慣を改善することで体質改善を目指す治療法です。
2つ目はエステ要素の強い方法といわれるもので、脂肪吸引法などの外部施術も取り入れながら部分痩せや痩身も同時に行う治療法です。
どちらの方法でも初診では体重測定や尿検査、血液検査、体脂肪などの検査を行い、その結果を元に以後の治療プランが組み立てられることになります。
食事内容なども記入しながら、栄養士による食事指導なども行われていくことになるでしょう。

費用の面では保険適応内か適応外かで大きく変わってくることになりますので注意が必要です。
どの方法をとっても初診は数千円の検査代ですむことが多いようですが、エステ要素の強い治療法を選択された場合には保険適応外のプランとなるケースが多くなることになります。
初診以後に組まれた数ヶ月のプランの中で、数十万円の出費となる場合もありますのでよく確認しておく必要があります。
保険の適応内で治療できる病院では、検査以後は1回の受診料が初診より少し減額された値段で継続できる場合が多いようです。
肥満治療を行う病院の中には看板に「保険適応」と掲げているところもありますので、事前に確認しておくこともよいでしょう。

医療機関での肥満治療の利点は、医師が各人に合った進み方を検討・指導してくれることにより迷っても修正がなされより続けやすいことであるといえます。
しかし病院に通いながらダイエットを行ったとしても、最終的には自分自身の努力がなければ目標を達成することはできません。
肥満外来で有名な病院であっても最後まで通いきって減量に成功する患者さんは50%程だといわれています。
ほとんどの患者さんが途中から来なくなってしまうことが多いそうです。
ドクターのサポートがついて進めており一人ではありませんので、時間がかかったとしても焦らず楽な気持ちで目標達成を目指していきましょう。

記事一覧
犬の肥満細胞腫と痩せる耳つぼ

人間には肥満になると病気になる確率も避けられませんが、犬の世界でも同様です。ペットの犬が肥満細胞腫に...

2019年08月29日
精神疾患で肥満となることが多い理由

よく、肥満は食べ過ぎ、飲みすぎ、不健康、運動不足が理由、と言われがちですが、果たしてそれらの事だけが...

2019年08月13日
肥満の妊婦に考えられるリスク

妊娠前の体重の増加は7~12kgが理想的です。妊婦の肥満は、妊娠時や出産時に重大な病気のリスクを高め...

2019年07月15日
肥満と肥満症の違いについて

肥満と肥満症を同じものだと考えている人も多いのですが、この二つには違いがあります。肥満とは脂肪が一定...

2019年06月30日
肥満度が高ければ入院して肥満治療

肥満の体になってしまうと、不便なことがたくさん出てくるようにもなります。大きなお腹が邪魔になってしま...

2019年06月19日